mieと散歩しよう♪

今日という日は残りの人生の最初の1日

お雛祭り

大阪から末っ子が帰省していたので、昨日少し早いささやかなお雛祭りをしました。

今年も父に買ってもらったお雛様と桃と菜の花を飾りました。

 

ちらし寿司とお刺身、はまぐりのお吸い物、桜餅とお団子でお祝い。

玄関にも小さなお雛様を飾りました。

いつもの季節の行事を、いつもと変わらず出来ることがありがたいです。

娘たち、お嫁さん、おばあちゃん、私~ 元気で楽しく過ごせますように。

 

菜の花・桃の花 - mieと花を描こう♪ (hatenadiary.com)

甘夏のパウンドケーキ

お友達にもらった甘夏2つ。食いしん坊の末っ子も帰省中。ジャムにして

おやつにパウンドケーキを作ってみました。とても美味しく出来ました^-^

まずは、ジャム作り。

甘夏を剥いて、皮はお好きな分量混ぜて(残りはピールにします)

お砂糖をかけて置いて、しばらくして甘夏の水分が出てきたら後は火にかけて

コトコト煮詰めるだけで出来上がり~

パウンドケーキは、

薄力粉130g 砂糖50g マーガリン60g 玉子1個 ベーキングパウダー3g

甘夏 めやす1個分弱 お好きな量で

 ①室温に戻したマーガリンをクリーム状に練って、砂糖を少しずつ入れて混ぜる。

 ②溶き卵を少しずつ混ぜる

 ③甘夏を混ぜる

 ④ふるったベーキングパウダーと薄力粉をさっくり混ぜる。

 ⑤生地を型に流し入れて、180℃のオーブンで35分焼く。

どんどん混ぜて焼くだけの簡単パウンドの出来上がり

ジャムは、朝トーストにクリームチーズとトッピングして、これも美味しいー

皮はピールにしようと、一度炊いて、夕べから一晩水に浸して準備中です。

美味しいな甘夏^-^

 

ラナンキュラス・アネモネ・フリージア・バブアビリス - mieと花を描こう♪ (hatenadiary.com)

2月の図書館 ③ 子供の編み物本

図書館の返却日。駐輪場の山茶花は散り始め、落ちた花びらも美しく

手作りの枝で作られた柵で囲われた水仙は輝くように満開でした。

借りたのはこの6冊。

「Easy&EnjuyCooking おいしいルール」絶対的信頼の若山曜子さんの本。

 どうしたらより美味しく出来るかちょっとしたコツが書かれています。

「暦生活 日本を味わう365日の旬のもの図鑑」

 365日の毎日の旬を写真付き図鑑。今日は何かなぁと見てみる楽しみ。

「ヴァージニア・リーバートンの世界」いいなぁ リーバートン

ここから3冊は、子どもの手編み本^-^

「あったかかわいいキッズソックス」

「気軽に編めちゃうどんぐり帽子とかわいい帽子」

「毎日使える定番のこどもニットマフラー」

小さい子供のものって可愛いなぁ。

来月初孫くんのお誕生日に京都行きの計画があるので、生まれた時に

編んだおくるみのほつれの修繕を頼まれていたので、出来たら何か

一緒に持って行きたいなぁと思っています。図書館ありがたいです。

 

ビオラ - mieと花を描こう♪ (hatenadiary.com)

着物リメイク ブラウスとスカート

お嫁さんに頼まれていた着物のリメイクが出来ました。

着物のリメイクは初めての挑戦。着物をほどいて洋服の型紙で

作るのかなぁと思っていましたが、着物の原型を活かして作る

もので、ほとんどが直線で出来る考えられたものでした。

着物の下の部分で、リクエストのギャザースカートを。

上の見頃の生地が余ったので、ブラウスを作ってみました。

袖を取っただけで、ちょうどいいフレンチスリーブになり、

首回りだけVネックに直しました。

夏はこのまま、下にグレーや黒のタートルネックのセーターや

タイツを履けば寒い季節も着れそうです。

思ったより良い出来になったかなぁとホッとしています。

裏地でペチコートも作ってみました。

 

菜の花 - mieと花を描こう♪ (hatenadiary.com)

えんぴつ削り

図書館で借りている石井桃子さんの本に載っていたプーさんの缶に、

石井桃子さんは鉛筆削りを入れて使っていました。可愛いな。

それに、いい考え。削って出来た木屑もそのままそこに入れるアイデァ。

さっそく、私も真似してみることに^-^ 

鉛筆削りが好きです。小さいドイツの木製、横にギザギザがあって

滑らない工夫がしてあるSTAEDTLERの、ホルンのマークは月光荘

そして可愛い肥後守り。集まると可愛さ倍増です^-^

 

次のページには、木彫の牛飼いと牛の置物。これも可愛い^-^

本棚の上には、絵本小さいおうちのV・L・バートンのクロス。

本で眺めているだけでわくわくします。

石井桃子さんのお住まいを見ることが出来る「かつら文庫」

いつか行ってみたいな。

 

キンポウゲ - mieと花を描こう♪ (hatenadiary.com)

幸福について 

NHK「ETV特集」公式 (@nhk_Etoku) / X

ETV特集「戦禍に言葉を編む」を夕べ観ました。ウクライナ侵攻から2年。

ウクライナの人々がその心情を語った言葉を、ウクライナの詩人が編んで、

本になったものを取り上げて、ロバートキャンベルさんが現地を取材しています。

なによりもその現状を伝えるものでした。

 

「風呂」が、リラックスできる場所から「生き抜くための場所」シェルターへ

変わっていく。「きれいなこと」が、戦時下の性暴力と結びついて「命の危険」

を意味するようになっていく。女の子は一番きれいから遠い服を選ぶ。

それまで大切な記憶や美しいイメージと結びついていた言葉が、別の意味を帯び

いくという、戦争の一面。

詳しくはこちらを ウクライナ 戦争が変えた“ことば” 

キャンベルさんが翻訳した本の表紙に描かれている百合の花。

戦禍で家を壊された老婦人は、その生活の中で庭に大事に百合を育てて

いたといいます。そして、子どもたちが喜ぶのはひとつ粒の甘いもの。

幸福について考えます。

日常。常に当たり前にあると思っている当たり前でない幸福。

冷蔵庫に食材があること。花を飾ること。安心して眠る場所。そばで寝ている猫。

番組で愛猫を置いて逃げるしかなかったことを悔いていると泣いていたなぁ

 

ユリ - mieと花を描こう♪ (hatenadiary.com)

とりあえず入学願書

生涯大学の申し込みをしてみることにしました。

人気のあるコースは抽選なのでまだ入学できるかはわかりません。

とりあえず今から願書に記入して、今日は提出する予定です。

コースは36。法律や医療、植物、日本史、世界史、東洋史郷土史

漢字の成り立ちとつながり、漢字学なんていうのもあります。

英会話、フランス語、ハングルなどの語学、音楽、美術鑑賞、陶芸、

洋画、日本画、版画などの芸術関連に、情報処理です。

自宅では出来ないこともあって、前からやってみたいと思っていた陶芸。

週1回2時間2年。市民なら1年の受講料は15000円という受講料も

魅力です。(ちなみに市外にお住まいでも22500円です)

昨年退職して時間もあります。気力も体力もまだあるうちに٩( ''و

幸い義母もまだ元気で生活に制限があるほどの介護はありません。

自分もいつまで動けるか。自転車でぎりぎり行ける距離で山越えがあります。

迷ってましたが、こうして書いてみると躊躇する理由がなさそうです^-^

後は。陶芸は人気があると聞いています。抽選に当たりますように。

 家内安全福寿増長

 

ストック - mieと花を描こう♪ (hatenadiary.com)